審美歯科Esthetic dentistry

ただ歯を美しくするだけでなく、総合的な歯科治療です

審美歯科は、見た目的にも美しい歯並びや歯肉をつくる目的と、 歯並びや噛み合わせを治し、健康面の回復を図る目的を併せ持ちます。

口元にコンプレックスがあると、人前でなかなか自然な笑顔を作れないと思います。
美しい口元が自信を与える事により、気持ちを前向きにさせてくれます。

歯並びやお顔との調和、歯本来の機能の回復も考え改善する総合的な歯科治療なのです。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、健康な歯を削ることなく安全に歯を白くする治療法です。

歯の表面に過酸化水素と過酸化尿素を主成分としたホワイトニング剤を塗り、 歯の表面の着色物を無色透明に分解していきます。
ホワイトニングは歯自体の色調をコントロールする治療法です。

ホームホワイトニング

【ホームホワイトニングの特徴】

  • ・約1ヵ月で歯が白くなった効果を実感できます。
    ・歯髄へダメージを与えません。
    ・白い歯の効果が長持ちします。
    ・ご自宅で気軽に行う事ができます。

カスタムトレーを作成し、ご自宅用のホワイトニングキットにて行います。
カスタムトレーにホワイトニング薬剤を入れてご自宅でお使いになれます。
寝ている間に行い、約1ヵ月で白い歯の効果を実感可能です。
ホームホワイトニングは継続的に続ける必要があり、数日でやめてしまうと効果が表れなくなってしまうため注意が必要です。
また効果の出方は個人によって異なります。

ホームホワイトニングの流れ

医院にお越しいただき、まず歯の黄ばみを確認します。歯の検査後、歯の型を取りトレーを作成します。
その後術前のクリーニングを行います。
後はご自宅でホワイトニングキットを使い寝る前にホワイトニングを行います。

ホワイトニング後の注意事項

ホワイトニング後は歯面が不安定が状態になっています。
そのため、普段より歯に着色が起きやすい状況になっています。

白く美しい歯を維持するためには適切なプラークコントロールと生活習慣の見直しが必要です。

 

セラミックとメタルの違いについて

こちらでは、被せものなどに使用する「セラミック」「メタル」について具体的なメリットや問題などを紹介しております。
単純な治療の話だけではなく、見た目や強度にも関わるため、ご予算や体質・症状などを踏まえて最適なものをお選びください。

セラミックについて

セラミックを利用するメリット

セラミックの大きな特徴としては、やはりまず見た目が挙げられます。
本来の歯に近い色合いであるため、治療後も審美的な面を損ないません。

また、もう一つ特徴として挙げられるのは口内環境にも優しいという点です。
具体的には、虫歯になりにくいことです。

銀歯の場合、どうしても歯との間に隙間ができやすく、そこから虫歯になりやすいのです。
また、汚れが付きやすいためベタベタしやすかったり、劣化が起こりやすいという点もあります。

しかし、セラミックは表面を一度コーティングし焼いているので汚れが付きにくく、口内環境も守れます。
ただし、保険適用ではないため費用の自己負担は銀歯よりも大きいです。

また、セラミックは自分の歯のように水分、粘りがないため、歯ぎしりが激しい人は割れてしまう可能性もあります。
そのため、歯ぎしりがひどい人はマウスピースなどで歯を保護する必要があるでしょう。

セラミックを利用した際のデメリット

オールセラミックは審美的に優れている反面、衝撃に弱く、金属に比べるとどうしても強度が落ちます。
そのため、かみ合わせの強い部分には、使用できない場合もあるのがデメリットです。

値段が高い上に、土台となる歯の削除量が比較的多いのもデメリットと言えるでしょう。

メタル(保険適用)について

利用するメリット

・安価で金属のため強度が強い

利用した際のデメリット

• 酸化し、腐食し、錆びやすい(成分に非貴金属の銀が含まれているため)
• 金属アレルギーを引き起こすリスクあり
• 歯肉に沈着し、黒く変色することがある
• 審美性に劣る(金属色のため)
• 歯が割れることがある(金属の硬さが歯より硬いため)

ページ
最上部
TOP
PAGE