歯周病Periodontic

悪くなる前に予防する。
これからは予防を中心とした歯の管理が重要です。

歯科医院を利用される方に多いのが、「何ともないから」と定期的な受診をすることなく過ごしていたら、ある日虫歯が痛み出し、慌ててご来院されるケースです。

歯は一旦状態が悪くなってしまうと、治療に長く時間がかかります。
そのため、できるだけ定期的に健診を受けていただき、予防に注力をすることが重要です。
また、虫歯だけでなく歯周病の治療についてもご相談下さい。

歯周病治療

歯周病は予防を続けることが重要なのですが、皆様が全員症状を自覚しているわけではありません。

歯周病に罹っている方の総数は、自覚症状のない予備軍の方を含めると成人のおよそ8割とも言われています。

また、近年では歯周病の症状が進行することで、歯やお口の中だけでなく全身にも悪影響をおよぼすことがわかってきました。
つまり、全身の健康管理には歯周病予防の有無が大きな影響を与えるのです。

歯周病を放っておくと…?

歯周病を放置しておくと、歯ぐきの炎症をはじめとする様々な症状が発生します。

また、進行することで症状は歯ぐきだけではなく、歯の土台となっている骨にまで及び、骨が溶けることで歯が抜けてしまったり、歯ぐきもやせ細ってしまいお口の見た目が非常に悪くなります。

この段階まで進行すると、口内に膿がたまり、腫れの痛みや歯の揺れのせいで食事をとることすら苦痛になってしまいます。

もちろん、ここまで来てしまってはそう簡単には改善しません。抜けた歯をもとに戻すこともできません。
なによりも、初期症状のうちに治療したり、抑えてしまうのが一番確実です。

歯ぐきを触ると痛い、歯磨きしているだけで血が出る、触ると歯が揺れる気がする…
ささいな「気になる」でも結構です。なんとなくでも違和感を覚えたら、まずはご相談ください。

ページ
最上部
TOP
PAGE